So-net無料ブログ作成

2017-03-31



関連ニュース





dvd売上ランキング

2017-03-30

ポイントサイト情報

関連ニュース





2017-03-29

ネイル 大阪

関連ニュース





2017-03-28



関連ニュース





クレーター 治療 大阪

2017-03-26



関連ニュース





cdランキング

WBC、観客・TV視聴・グッズ販売が過去最高


【ロサンゼルス=三室学】WBCの主催者は23日、今大会の観客数、テレビ視聴者数、グッズ販売がいずれも過去最高を記録したと発表した。
総観客数は108万6720人で、前回大会より23%増。
東京ドームでの1次ラウンドの20万6534人、2次ラウンドの20万9072人は個別ラウンドの最多記録を更新した。
米国内で、22日の決勝(米国―プエルトリコ)のテレビ中継を見たのは310万人。
うち大リーグ専門局MLBネットワークで観戦したのは230万人で、昨年のナ・リーグ地区シリーズ、カブス―ジャイアンツ第2戦に次ぐ史上2位だった。
大会を通しての視聴者は、前回より32%増えた。
プエルトリコでは、決勝の番組視聴占拠率(テレビをつけていた世帯で中継を見ていた割合)が70%に達した。
会場でのグッズ売り上げも過去最高で、前回大会を15%上回った。
2017年03月24日
22時43分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

WBC、観客・TV視聴・グッズ販売が過去最高
WBC、観客・TV視聴・グッズ販売が過去最高
WBC、観客・TV視聴・グッズ販売が過去最高

ポイントサイト一覧

小林「大きな経験」、松田「ミスの怖さ知った」


敗戦から一夜明け、帰国前に報道陣の質問に答える(手前から)松田と筒香(22日、米ロサンゼルス郊外で)=片岡航希撮影
敗戦から一夜明け、帰国の途についた小林(22日、米ロサンゼルス郊外で)=片岡航希撮影
敗戦から一夜明け、帰国の途についた菊池(22日、米ロサンゼルス郊外で)=片岡航希撮影
【ロサンゼルス=財津翔】WBC準決勝で米国に敗れた日本代表「侍ジャパン」の選手たちは22日、帰国前にロサンゼルス郊外の宿舎で取材に応じた。
米国戦で6回1失点と好投した菅野(巨人)は「間違いなく自分の人生で一番プレッシャーがかかる試合だった。
負けてしまったが、自分なりに役割を果たせた」と収穫を手にした様子。
その菅野とコンビを組んだ小林(巨人)も「人生の中でも大きな経験をした。
小久保監督に感謝したい」と語った。
松田(ソフトバンク)は米国戦の八回一死二、三塁で三ゴロをファンブルし、決勝点を許した。
「ミスが勝敗を左右する怖さを知った。
どうにかして世界一を見てみたいという思いが芽生えた」と前を向いた。
2017年03月23日
21時10分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

「私自身の人生の宝物」…小久保監督が帰国会見
小林「大きな経験」、松田「ミスの怖さ知った」
「私自身の人生の宝物」…小久保監督が帰国会見

ドメイン取得一覧比較

侍J、小久保監督が退任の意向


記者会見を終え、引き揚げる小久保監督(21日)=片岡航希撮影
侍ジャパンの小久保監督は米国との準決勝で敗退後、「この大会に向けてということで引き受けたので、これで契約満了ということになる」と、今大会限りで退任する意向を明らかにした。
小久保監督は侍ジャパンが常設化された後の2013年10月に就任。
14年の日米野球や15年のプレミア12などで継続的に指揮を執ってきた。
13年11月の台湾代表戦から今大会まで、強化試合や練習試合などを含む対外試合の成績は、30勝12敗だった。
今回のWBCまでが契約期間だった。
プロ野球の熊崎勝彦コミッショナーは今年初め、「4、5月には五輪における野球競技の復活を見据えて、監督人事を含めた新しい体制作りはどうあるべきかという議論が行われることになる」との見通しを示していた。
日本野球機構(NPB)などで今後、後任監督選びに着手する方向だ。
2017年03月22日
21時00分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

侍J、小久保監督が退任の意向
侍J、小久保監督が退任の意向
侍J、小久保監督が退任の意向

無料メール一覧

プエルトリコ決勝へ…延長11回、サヨナラ勝ち


1回2死3塁、バレンティンが先制2ランを放つ(捕手・モリーナ)=泉祥平撮影
2回2死、勝ち越しソロを放ったT・リベラ〈5〉を迎えるプエルトリコの選手たち(20日)=片岡航希撮影
第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日、ロサンゼルスのドジャースタジアムで準決勝が行われ、前回準優勝のプエルトリコ(2次ラウンド2組1位)が延長十一回の末、オランダ(同1組2位)に4-3でサヨナラ勝ちし、決勝進出を決めた。
一回にバレンティン(ヤクルト)の2ランで先制されたプエルトリコはその裏、コレアの2ランで追いつき、二回にはT・リベラのソロで勝ち越した。
その後も、たびたび無死から走者を出すが、追加点は奪えず、逆に五回に、ザラーガの二塁打で追いつかれた。
両チームの救援投手が踏ん張り、延長戦に突入。
タイブレイクの十一回表、プエルトリコは一死満塁から併殺を奪い、得点を許さずににしのぐと、その裏、一死満塁からロサリオが中犠飛を放ち、サヨナラ勝ちした。
(ここまで339文字
/
残り87文字)
2017年03月21日
14時45分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

菅野「ついに来た」米国戦先発へ…WBC準決勝
WBC米国戦、野茂さんが始球式…ラソーダ氏も
菅野「ついに来た」米国戦先発へ…WBC準決勝

メーカー公式ショップ一覧